#113 PictoQuest「アレンジがたのしいよ」編【ゲームで勉強したいんです。】

パズル×RPGがコンセプトのゲームを2週連続でお届けします。

 どうもこんにちは! あえて同じコンセプトのゲームを買って比べて違いを楽しむ咲村です。今回は「PictoQuest」を紹介したいと思います。現在のところSwitch版、Steam版、iOS版があるみたいですね。咲村はセールになっていたSwitch版を購入しました。タッチ操作には対応していませんが、タッチ操作のiOS版にはタッチ操作がやりづらいというレビューがついていたので(ただし価格はいちばん安い)、そのあたりも考慮に入れて選ぶのがよさそうです。

ストーリーのオチなどのネタバレはありませんが、スクリーンショット自体にネタバレ要素が含まれる場合もありますのでご注意ください。

パズルはすべてお絵かきロジック

 ではいつもどおりタイトル画面から見ていきましょう。

タイトル画面

なかなかかわいらしいキャラですね

 「ピクト」クエストというタイトルどおり、このゲームに出てくるパズルはお絵かきロジック(イラストロジック、ピクロスともいいます)だけです。最初はかなり簡単なものから始まるので、まったく遊んだ経験がない人でも多分大丈夫ではないかと思います。
遊び方

「遊び方」に説明もあるよ

オプション

「オプション」は2項目だけ

 「初めから」を選ぶとオープニングが始まります。一応RPGなので、ちゃんとストーリーがあるようです。
冒頭
冒頭
冒頭
 簡単に説明すると、ピクトリアにあった絵が全部白紙になって魔物に奪われたので取り返そう!ということみたいです。ほう。
キャラ選択

ここでキャラを選択できる

 咲村は男の子を選んでプレイしましたが、特に男の子らしいエピソードはなかったですし、会話には普通に女の子も参加してきていたので、動かすキャラの違いと、イベント時の喋り出しの違いだけかもしれませんね。

 キャラを選びおわると、いよいよゲームがスタート。

ゲーム画面

この画面だけ見るとすごろくみたいですね(笑)

 基本1マスずつしか進めず、またパズルをクリアしないと先に進めない仕様です。なので、いきなり難しい問題に挑戦ができないので、このパズルをやり慣れている人にとっては序盤がちょっと退屈かもしれません。
ゲーム画面

■のあるマスで出題!

ゲーム画面

序盤はめちゃくちゃ簡単です

 お絵かきロジックって、正解が完成しても何を表しているのかわからないことが多々あるのですが(笑)、実はこのゲームもかなりそういうところがあります。
さきむら
でも自分で答えを入力するわけじゃないので問題なし!
 おまけにこのゲームは、完成したイラストが動き出すところが個人的に好きで、解き甲斐を感じます。
完成

パズルが完成すると

完成

コインが動く!(輝く?笑)

冒頭

クリアすると■に答えが入ります

 こうして1マスずつ解いていくゲームです。問題は徐々に難しくなっていき、最終的には20*20のパズルになります。……ここで疑問に思った人がいるかもしれません。
さきむら
普通のパズルゲームに1マスずつ進む要素がついただけなの?
 もしそうだったら、ここで紹介はしていないと思います(笑)。では次にこのゲームならではの要素を見ていきましょう。

アレンジ要素がなかなか面白い

 まず、メインストーリーとは別にイベントマス的なものがあり、やるかどうかはプレイヤーの自由ですが、やるといつもとは違うルールのパズルに挑戦でき、成功すればアイテムがもらえます。

イベント
イベント
イベント

これは別の場所のイベントですが、こんなふうに条件が出る

 アイテムというのは戦闘を有利にするもので、このゲームは一応RPGの形をとっているので自分にもHPがあるのですが、それを回復したり、盤面の見えない部分をオープンにしたり、敵の動きをとめたりできるものです。戦闘中にも入手する機会はありますが、手っ取り早く購入できるショップもあります。
ショップ

序盤はいらないアイテムを売ってHPの最大値を上げるハートを買うのがおすすめです

 そういえば、いきなり敵の話が出てきてびっくりしたかもしれませんが(笑)、実はマスの中には敵が潜んでいるものもあるのです。そういうマスは敵と戦闘になります。まあ戦闘といってもやっぱりロジックパズルなんですけど…。
戦闘

最初の戦闘では右上が宝箱でしたが、ここが敵だと戦闘に

 宝箱の場合は時間制限も何もないのでゆっくり解くことができますが、敵が相手の場合はモタモタしていると攻撃され、自分のHPが減っていきます。ではどうやって倒すのかというと、普通にパズルを解いていくと攻撃モーションが発生するようになっています。
さきむら
そのSEが地味に気持ちいい!
 バシュ!と敵を斬っている音がすごくいいので、それだけでなんだか楽しくなってくるんですよ(笑)。ただ、攻撃が発生する条件が正直よくわからないので、なるべく正解マスを埋めていくといいですね。アイテムも、どうせたくさん手に入るので、がんがん使ってしまってもいいと思います。

 また、プレイ中に回復チャンスやアイテムの取得チャンスがあり、画面上にそれらが表示されているあいだに指定の列を消せれば手に入るのですが、狙えるかどうかは正直どのくらい解き進められているかによるので、無理に狙う必要はないと思います。自分のやり方で解いていればいつの間にか攻撃できている……そんなゲームです。

 あとはRPGですので、もちろんボスもいます。ボスは他の敵よりもちょっと手強かったり、こちらを邪魔する技を使ってきたりします。

ボス

ボスマスでは会話イベント

ボス

×マスを消す技を使ってきます

 正直ウザいですが(笑)、正解マスを消されるよりは全然マシですね!

普通にパズルを解くだけでは物足りなくなった方におすすめ

 パズルは作りやすいせいか、お絵かきロジックのパズルもびっくりするほど数が出ていますが、出過ぎていてどれを選んだらいいかわからない、というのはあると思います。そんな中で、ひとつの選択肢としてちょっとアレンジされたパズルがやりたいなら十分選択肢に入るゲームです。

さきむら
敵に攻撃する音がほんと気持ちいいんですよ!
 正解でないマスに塗ってしまうと即ミスになるのは、初心者にあまり優しくなかったり、うっかり塗ってしまった時に困りますが、おかげで間違えちゃいけない緊張感が出るので善し悪しなところだと思います。一応、前に解いたパズルをもう1回解きたくなった時のために移動用のゲートもあるので、同じパズルを何度も解きたい人も安心です。
ゲーム画面

この柱?がマップのあちこちにあって

ゲーム画面

少しずつ解放されていきます

 キャラも見てのとおりかわいいですし、お子様でも問題なく遊べるんじゃないでしょうか。RPGの形をとっていますがレベル上げなど時間のかかる要素はなく、気軽に遊べますよ。タイムアタック以外の適度な緊張感が欲しい人にもいいかもしれませんね。

 さて、来週はまた別のゲームを紹介したいと思います。お楽しみに!

さきむら
それではまた来週に~

(C)Plug In Digital. Made in France.

PictoQuest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください