#43 RiME「がんばるおとこのこ」編【ゲームで勉強したいんです。】

少年が頑張るアドベンチャーゲームです。

 どうもこんにちは! またも酔いを覚悟してゲームをしてしまった咲村です(笑)。今回は「RiME」を紹介したいと思います。このゲームも、PS4、Switch、Xbox、Steamと様々なプラットフォームで出ていますが、咲村がプレイしたのはPS4版です。また、同名の脱出ゲームがあるようなので、ご注意ください。(iだけ小文字なのが正しい表記です)

ストーリーのオチなどのネタバレはありませんが、スクリーンショット自体にネタバレ要素が含まれる場合がありますのでご注意ください。

「ICO」がオープンフィールドになった感じ?

 例によって咲村は、ゲーム内容をよく知らずに買い、プレイしたのですが(笑)、少年主人公が謎(パズル?)を解きながら進んでいくところが「ICO」っぽい、という声が多いみたいです。「Fe」のように決められたフィールド内で仕掛けをクリアしていく「ICO」、というとわかりやすいかも?

さきむら
ヨルダもいないけどね!
 ちなみに、グラフィックの感じは全然違います。ICOはリアル路線でしたが、こちらはアニメ寄りのリアル路線……と言えばいいのでしょうか。リアルなのはリアルなのですが、空想上のリアル的な……うまく説明できません(笑)。ただ、ゲームを起動して各社のロゴが出るところから、もうすごいなと感じました。
ロゴ

波が来るたびに変わる演出

ロゴ

この波がまずやたらリアルでした

 そして、続いて出てきた画面に、動きをとめる咲村。ああ……こういうところも「Fe」っぽいです(笑)。
ロード中

こ、この画面はいったい……?

 ボタンを押す指示も出ないので、ぼんやり眺めていましたが、途中でようやく気づきました。これロード画面だ!(笑)
ロード中

光の進み具合がロードを示しているっぽい

 そもそも、開始早々に長いロードが入るゲームをあまりやってこなかったので、気づくのが遅れるんですよね……やっぱり大きなフィールドを最初に読みこむゲームは、みんなこんな感じなのでしょうか。世界観に合わせて文字も出ないので、よけいにわかりにくいんですよね……どのみちおとなしく待つのでいいんですけど(笑)。

 ロードが終わると、オープニングムービーが始まり、ようやくタイトル画面まで到達します。

OP

星空がめっちゃきれい

OP

なんか赤いのが飛んでる

OP

iが鍵穴っぽいのがポイント

OP

主人公の初期位置(笑)

スタート

スタートメニューはこんな感じです

 いつものとおり、まずはここからチェック(←なかなかゲームを始めない人)。
設定

カメラの反転があると安心します

設定

エキストラの中身はこんな感じ

 これだけでも、いろんな隠しアイテム?、やりこみ要素があるんだなということがわかりますね。

操作方法はとてもシンプル

 ところで、お気づきでしょうか。先ほどのスクショに「操作」という項目があったのですが、咲村は完全に見逃していて、

さきむら
説明がないな……まあいっか、てけとーで!
 という感じで、完全に手探りで始めました(笑)。説明があったことに気づいたのは結局クリアしてからでしたが、一応スクショを撮ってきたので載せておきます。背景が違うのは、クリア後にこの画面を開いたからです(※進行状況により、最初の画面の背景が変わる仕組みのようです)。
操作

操作方法にも文字はナシ!

 見てのとおり、イラストでの説明になっていて、正直とってもわかりにくい! なので、実際に操作するのがやっぱり手っ取り早いのではないかと思います。ちなみに、ゲーム内にも文字表記は一切出てこない徹底ぶり。文字が読めない人でも遊べると思います、これ。

 さて、ゲームが始まったはいいものの、なにをするべきかはさっぱりわかりません。この、ゲーム世界にポーンと放り出される感じは、いかにも海外製のゲームだなと思います(笑)(最近そういうのばかりやってるせいもありますが)。とりあえずぐるりと写真撮ってみました。

スタート地点

反対側は崖があって行き止まり

スタート地点

なんかでかい建物があるぞ!

 とりあえずあの白い塔みたいなのを目指せばいいのかな? と思ったので、おもむろに水のなかに入ってみたのですが……
泳ぐ

わりと怖いもの知らずです(笑)

泳ぐ

水のなかにも潜れます

 これがですね……思った以上に遠かったので、最初からそんなに遠くを目指させるかな? と我に返り、結局引き返してきました(笑)。で、もとの浜辺から行けるところを探したら、登れそうな崖があったので、今度こそ出発!
移動

ツタのようなものには掴まれる模様

移動

あの鍵穴、iっぽくない?

移動

なんか見えてきたー

移動

到着!

 なにか祭壇のようなものがありますが、いったいどうすればいいのでしょう? と辺りをぐるりと見まわしたら、これ見よがしに空へと伸びている光に気づきました(笑)。
ヒント

どこからでも見えるレベルの光柱

 この誘導、うまいですよね。どこに行ったらいいか、そもそもこの少年の目的ななんなのか、なんにもわからないけど「とりあえず目指そう」という気持ちにさせてくれる。また、すごく広そうに見えるフィールドだけに、わかりやすい目印があるのはとてもいいと思いました。広い場所をくまなく探せと言われるのが、多分いちばん疲れるので(笑)。(そして酔いやすい)
光柱

とりあえずいちばん近そうなとこ行ってみたけど

光柱

イノシシ?が邪魔で近づけませんでした

謎解きの難易度はけっこうやさしめ

※以下、この場面の解き方を書きますので、ネタバレが嫌なかたはご注意ください!

 正直、ネタバレというほどのものではないのですが(笑)、このイノシシをどうにかしないと行けないんだろうな~と思ったので、あちこち歩きまわっているうちに、植物になっている実に気づきました。

木の実?

アクションがとれるときはボタン表示出る

運ぶ

うりぼうがめっちゃついてくる(笑)

 この実を割ると、うりぼうがすごい勢いで近づいてくるので、どうやら好物らしいです。ここで咲村はまた「Fe」を思い出し、イノシシのところまで運んでいくことにしました。すると案の定、イノシシをどかすことに成功!
イノシシ

なんの実なのか、ちょっと気になる……(笑)

像

光が出ている像に近づき

像

指示どおりボタンを押したら……

 像から離れた光は、例の祭壇のような場所に飛んでいき、そこにある像に移りました。どうやら全部の像で同じことをすれば進めそう? ちなみに、なんの謎もなくストレートに像まで行けた場所もありました(笑)。

 あと、画像を見てお気づきのかたもいるかもしれませんが、このゲームでは時間経過によって朝→夜→朝を繰り返します。夜は本当に見づらいんですけど、夜だからといって敵が襲ってくるといったことはないので、そこは安心です。また、ゲームとしては、夜に○○しなければならないというような仕掛けはないので、時間経過を待つ場面はありませんでした。

 ではなぜこの仕組みが取り入れられたのかというと……実際にゲームを遊ぶと絶対わかるかと思いますので、気になるかたはぜひ遊んでみてください(笑)。

 さて、次回はもう少し踏みこんだ紹介を書きたいと思います。お楽しみに!

今週のDQⅩコーナー

 リアル遊び人になりたい宇宙人がアストルティアの風景を紹介しているコーナーです。今回は2回目のアラハギーロ王国です。音楽が印象的なところですね!(これ前回も書いたな・笑)

アラハギーロ王国

入り口からパシャリ

アラハギーロ王国

アーケード街的なお店

 この日記を書くに当たって、前回の写真と比べてみたんですけど、びっくりするくらいあんまり違いがなかったです(笑)。しいていえば、やっぱり1回目のほうがセピアっぽいくらいかな。それも撮影時間の関係かもしれません。
アラハギーロ王国

相変わらず立派なモンスター格闘場

アラハギーロ王国

やっぱり筒抜けな玉座の間(笑)

 どこか違いを見つけた人がいましたら、教えてください!(他力本願)

さきむら
それではまた来週に!

(C)2017 Tequila Works. All rights reserved.
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

RiME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください