#70 ルカノール伯爵「ショタかわいいよ」編【ゲームで勉強したいんです。】

かわいいだけでなく、とても味のあるホラーADVでした。

 どうもこんにちは! 地球人のショタが大好物の咲村です。食べませんけど! 今回は「ルカノール伯爵」を紹介します。←はSwitch版の紹介ページですが、Steam版もあります。原題は「The Count Lucanor」ですね。いつもルカノールとルノカールで迷います(笑)。

ストーリーのオチなどのネタバレはありませんが、スクリーンショット自体にネタバレ要素が含まれる場合がありますのでご注意ください。

最初はほのぼのな感じで始まります

 さらっと前情報をお伝えしますと、このゲームはフォロワーさんの呟きで知りました。「ショタがかわいい」という理由でまずSteam版を買ったのですが、先日Switch版もセールで安くなっていたので、また買いました(笑)。というのも、咲村の環境では今のところSwitchのほうがプレイしやすいので。(Steamゲームの記事がないのはそのせいです。積みゲーは200本以上あるのですが……次はゲーミングPCを買うぞ!と意気込んでいます)

さきむら
こんなふうに2回買ってるゲーム結構あるよ
 まあこんな感じで買ったので、当然内容はあんまり把握していません。なんかお城に行って謎解きする?くらいの理解でスタートしました。
タイトル画面

タイトル画面がかわいいので大画面でお届けしますよ!(笑)

 シンプルなタイトル画面ですが、とにかくかわいいですね! この男の子はハンスくんといいます。隣の水色のやつは、城の案内役みたいなものです。
オプション

いつものオプションチェック

明るさ

明るさを調整

明るさ

これがいちばん明るい

 明るさの調整なのですが、基本的にバックライトが暗めな設定の咲村は、いちばん明るい200にしないと、左の蝶がまったく見えませんでした。これ、見えないと格段に難易度があがる気がするので、アクション面に自信がある人は暗めでもいいかもしれません(暗がりで敵から逃げるときとか)。見えないとパズルが解けない、というような場面は多分ないです。
操作方法

操作も非常にシンプルです

 食べものが「持ち物」からしか食べられないのが、最初は戸惑いました。持っているはずなのにLRで出てこないとか(笑)。

 ゲームが始まると、まずはオープニングムービーです。非常にかわいらしいハンスくんを堪能できます。

OP

原っぱに寝そべるハンスくん

OP

お母さんも美人さんです

OP

犬とキャッキャしてます

OP

お誕生日の決め顔ですよ(笑)

 見てのとおり、ドットなグラフィックなのですが、味があってすごくかわいいんですよね。内容は、貧しい家の子のハンスくんは、大人になったら冒険に行きたいと思っていたのですが、まだ子どもなのでそれも叶わず……でも今日は10歳の誕生日だからきっといいことがあるはず!という希望に満ちたオープニングです。

 ところが――

冒頭

誕生日なのに、プレゼントもケーキも買ってもらえなかったハンスくん……

冒頭

かわいい顔してぶち切れます

冒頭

10歳はもう大人だよ!!

冒頭

非常に勇ましいハンスくんであった

 実際に10歳の子にこんなこと言われたら、かわいすぎますよね(笑)。お母さんはもちろん最初はとめますが、ハンスくんの決意が固いことを悟り、いろんなものを持たせてあげます。
冒頭

まずは杖

冒頭

続いてお金

冒頭

最後にチーズをゲット

 お母さんの台詞がいちいち泣ける……このあとどうやって生活するのか、ちょっと心配ですね。それでもハンスくんは愛犬にも別れを告げ、元気に旅立っていきます。

少しずつ見えてくる不穏な気配

 ここからはハンスくんを動かせるようになるので、簡単なチュートリアルが入ります。

チュートリアル
チュートリアル
 終わったら上に歩いて行くと、おしゃれにタイトルが出ました。ここで冒頭が終わり、ということみたいですね。
タイトルコール

地面に書いてあるような感じで、歩くとタイトルが移動します

 この時点で、まだどういうゲームなのかわかっていない咲村、とりあえず道なりに歩いて行きます。
フィールド

左上にHP表示が出るように

看板

そんな森に行くの!?(笑)

 この穴がたくさんあるところ、ウサギがいっぱいいたのですが、近づいたら隠れてしまいました。残念。さらに北上していくとおばあさんが座っていたので、話しかけてみます。
おばあさん

いきなり杖が欲しいと言われる

ブタ

ハエのたかったブタ……

 お母さんからもらったばかりの杖だったので、あげるべきかかなり真剣に悩みました(笑)。この先必要になったらどうしよう、とか。でも、あげたら進行不可になるような選択が出てくるわけがないし、お礼を期待できそうという打算的な理由から、差しあげることにしました。

 この流れからお気づきかもしれませんが、このあとお金とチーズも所望されるんですよ……それぞれ別の人から。あげるかどうかで結構難易度が変わってくるみたいなので、これからプレイする人はじっくり悩んでみてください。ある意味冒頭から究極の選択です(笑)。

お金

この人がお金担当

チーズ

この人がチーズ担当です

 咲村は気前よく全員にあげて、早くもアイテム欄がさみしくなりました。でもチーズ担当だったヤギ飼いさんが一緒にワイン飲もうって言ってくれたので、10歳のくせに酒盛りをします。さすが大人!
酒盛り

こういうチーズおいしそうですよね

酒盛り

ワインをすすめられまくるハンスくん

 このあとでろんでろんに酔っ払ったせいか、意識を失ってしまうのですが――
ムービー
ムービー
ムービー
 ハンスくんは相変わらずかわいいものの、ちょっとおどろおどろしいムービーが流れ、世界が一変します。いよいよ本領発揮!?
酒盛り後

目が覚めると画面が暗い!

赤い川

それだけでなく、まっ赤な川が……

 ここからは、ロウソクの明かりがないとなにも見えなくなってしまいます。冒頭の明るさ調整は、このロウソクシーンで活かされる感じですね。ちなみにロウソクは、時間経過でなくなったりしないので安心です。このゲーム、このロウソクをどう使うかが面白いポイントだったりします。

 このあとハンスくんはいろいろととんでもないものを目にするのですが、ぜひプレイして驚いてほしいのでここでは飛ばします。ようやく本題の城のなかですよ!(笑)

DEAD

なお咲村は城に辿り着く前に1回死にました(笑)

お城のなかはアクション&パズル

 タイトル画面にいた青いやつを追って城に着くと、そいつが城について説明してくれます。

ルカノール伯爵

早くもタイトル回収!

説明
説明
説明
 簡単に言うと、ルカノール伯爵の財産を継いでくれる後継者を探しているみたいです。でも、後継者になるためには試練をクリアしなければなりません。その試練とは――
試練

この青いやつの名前を当てること!

 これがこのゲームの目的になります。城内にはたくさんの部屋があり、それぞれの部屋の仕掛けを解くと、この青いやつの名前の1文字が手に入る仕組みです。仕掛け自体の難易度はそれほど高くありません……多分。
仕掛け
仕掛け
文字ゲット
 ちゃんとクリアしたくせに言い切れないのは、実は全部の仕掛けを解かないままでも進めてしまったからです(笑)。どうやら偶然そういうルートに行ってしまったみたいで、クリア後に考察など見ていたら全部解いて文字を順番に並べると書いてあり、本当はそれをやらなきゃならなかったんだなと知りました。

 文字がある程度集まったら名前を推理できそうですが、このゲームは仕掛けを解いて文字をゲットしないと、並べ替えるためのパネルが出現しない仕組みなのです。なので、並べ替えをするためにはすべての仕掛けを解く必要があります。咲村がやったパターンでは、そもそも並べ替える行動自体が発生しませんでした(笑)。クリア方法が複数あるのは面白いですね。

並べ替え部屋

これが並べ替えの部屋。この1回しか行かなかった

 あとここだけの話ですが、炎を避けたりするのがめっぽう苦手な宇宙人なので、まっとうにやったら全部の仕掛けを解くことはできなかったかもしれません(笑)。
炎トラップ

もう絶望しかない……

敵

城内には徘徊している敵もいます

 ハンスくんは攻撃手段を持たないため、敵に遭遇したら逃げるor隠れることになります。そこで活躍するのがロウソク! 廊下のいろんな場所に配置しておくと、事前に敵の姿が見えるため、逃げるのが楽になります。

 最後に中庭を紹介して終わりにしようと思います。

カラス

これがセーブポイント

商人

探索に必要なものを売る商人

 中庭にはセーブをしてくれるカラスがいますが、セーブには金貨1枚が必要です。最初は金貨の枚数が少ないので心許ないのですが、城内で結構見つかるのでご安心を。なお、セーブの際は噴水の下側からではなく、直接カラスに話しかける必要があります(最初わからなくて困った)。

 また、中庭の状況が少しずつ変わっていくのも面白かったので、ぜひ注目してみてください。多分注目しすぎたせいで咲村は別ルートに行ってしまったんだと思います(笑)。(どちらが正規のルートなのかはわかりませんが)

さきむら
他の人のプレイ動画を見たら、別ルートに行ったせいで見てないシーン結構あるみたいなので、もう1回やってみようかな!
 そうそう、この中庭にHP回復ポイントがあるとよかったのですが、残念ながら存在しないのが地味にきつかったです。回復アイテムが切れたらと思うと、気が気ではありませんでした(笑)。城内で拾うしかないですからね……。

 ――というわけで、最初はショタだけが目的で始めたものの(笑)、内容もグロいけど面白くて、短時間でサクッと終われるのもよかったです。マルチエンディングですが分岐は後半に集中しているので回収が楽なのもいいですね。この手のアドベンチャーが好きな人はぜひ! ドットが荒いのでグロ苦手でも多分大丈夫だと思います。

 さて、次回はまた別のゲームを紹介します。お楽しみに!

今週のDQⅩコーナー

 今週もネタがなくて困りそうだったのですが、スライムレースに滑りこんできたのでそれについて書きたいと思います。スライムレースは参加するだけでまとまったゴールドがもらえるという、公式のイベントにしては珍しい報酬です。(ゴールドそのものというのは普段あまりない)

カジノ

カジノの一角にあります

カジノ

バニーちゃんが迎えてくれます

 そういえば今まで特に書いてきませんでしたが、咲村のスクショがいつも無人なのは、過疎っているからではありません(笑)。撮影の設定で他のキャラを写さないようにできるので、それを使っています。このときも実際は結構賑わっていましたよ。

 スライムレースは、出走するスライムにゴールドを賭けるといったタイプではなく、自分で育てたスライムを走らせて勝負するタイプです。いろんな特徴を持ったスライムのなかから、どう育ててどう命令を出すか……選択肢は限られているものの人によってかなり違いが出るところが面白いですね。思いどおりに動いてくれないときは本当に悔しいです(笑)。

カジノ

不思議のダンジョンでも潜りそうな……

 ところでこの子、前はいなかった気がするんですがなんなんでしょう? 話しかけたらしぐさか福引き券を交換してくれるようだったので、とりあえず交換してみましたが。イベント最終日の終了間際に行ったせいで説明などを読んでいる暇がまったくありませんでした!

さきむら
それではまた来週に!

(C)2017 Baroque Decay  (C)2017 Merge Games LTD
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください