#82 Crossing Souls「なかまとともに!」編【ゲームで勉強したいんです。】

それぞれの特技を持った仲間を使い分けるアクションアドベンチャーゲームです。

 どうもこんにちは! 自分はクリアできずともおすすめする咲村です(笑)。今回も「Crossing Souls」を紹介したいと思います。まだ前回分を見ていないかたは、よかったらそちらからご覧ください。

ストーリーのオチなどのネタバレはありませんが、スクリーンショット自体にネタバレ要素が含まれる場合がありますのでご注意ください。

仲間をひとりずつ誘いに行く

 前回までの流れは、酷い嵐の翌日に、クリスの弟・ケビンがツリーハウスに集まるようにと通信機で連絡してきたので、クリスが仲間を集めるために街を探索しはじめたところでした。集めるべき仲間の名前はわかりましたが、居場所はわからないため、とりあえず道なりに南下していったところ――

冒頭

謎のビーム(レーザー?)が!

 ここはイベントシーンなので、クリスが自動的に移動してくれます。(スクショの上下に黒帯があるところはイベントシーンです)
暴投

犯人が……子ども!?

マット
マット
マット
 ここで先ほど父ちゃんからもらった伝説のバットが唸ります(笑)。言われたとおり上にある装置を破壊すると、ひとり目の仲間であるマットがパーティーに。
マット

このマット、結構咲村の生命線でした(笑)

 マットの武器は仲間キャラで唯一の遠距離武器で、範囲内の敵を自動的にロックオンしてくれる機能まで備わっています。また、ジャンプアクションもかなり必要になってくるのですが、マットのジェットパックは一定時間宙に浮くことができるため、本当に大助かりでした。咲村並にアクション下手な人は、みんなマット信者になることでしょう(笑)。
マット

光の弾を発射します

チュートリアル

キャラの切り替えは一瞬です

マット

詳細な情報はこんな感じ

 マットを仲間にしたところで、ようやく街の地図を見ることができます。
マップ

思ったより狭そうで安心しました

 ここで他の2人もあっさり仲間になるかと思いきや、2人は少し離れたところにいるため、クリスとマットのふたりで母ちゃんが言っていた近道を通ります。
近道

早くも、敵が出そうなフィールドですね

チュートリアル

キャラごとの特性は

チュートリアル

丁寧に説明されます

 正直、なにかに掴まって登るくらいは全員にできてほしいのですが…(笑)。クリスは梯子やツタを登ることができます。
チュートリアル

マットは前述のとおり低空飛行

暴投

ちなみにこの人が世捨て人(笑)

チュートリアル

マットの武器は特殊なので

チュートリアル

説明をよく読もう!

 この、「キャラを切り替えることによる面白さ」のひとつに、話しかけるキャラ、調べるキャラにより台詞が異なる、という点があると思います。たとえばこの場面――
暴投

クリスではわからない解決方法が

冒頭

マットだとわかるという感じ

 ただ、会話面では思ったほど変化がない部分もあり、そこはちょっと惜しいなと感じました。とはいえ、多くのキャラにしっかり台詞を用意してあることは好印象なのですが。

 さて、他の仲間たちがいるエリアに辿り着き、相変わらずNPCたちに話を聞きながら進んでいくと、またイベントが始まりました。

冒頭

次の仲間は

冒頭

親の手伝いの途中でした(笑)

ビッグジョー

怪力と食いしん坊担当ですね!

 さっそく手伝いを終わらせます。
チュートリアル

ほうほう…

チュートリアル

箱を押すだけの簡単な作業です

 次は最後のチャーリーを捜しに行きます。チャーリーってあんまり女の子の名前っぽくないのですが、結構男勝りな女の子でした。
冒頭

トレーラーハウスで

冒頭

父とともに暮らしている

 このチャーリー、顔を見るたびに「もう少しかわいくできなかったのかな……」と思ってしまいます(失礼)。ドットキャラはかわいいんですけどね(笑)。どうやらクリスはこのチャーリーが好きみたいで、その辺の距離感もなかなか楽しいです。
冒頭

チャーリーを連れ出すために

冒頭

なぜか大人たちと戦う羽目に

チャーリー

そういえば戦闘ではあまり使わなかったなー

チュートリアル

この能力は必要不可欠!

カタパルト

目押しが苦手だときついです(笑)

 これでようやく全員揃いました!

ケビンが見つけたものとは?

 ツリーハウスに着くと、ケビンが待ちかねていました。

ケビン

いちばん年下だけど態度は大きいケビン(笑)

チャーリー

さらっと言うチャーリーに笑う

 ツリーハウスのなかに入り、仲間から話を聞き出したあと、いよいよ核心に迫ります。
冒頭

ここに来てもったいぶる

冒頭

見つけたのは死体でした

 スタンドバイミーですね! ここでケビンも仲間に加わり、5人でその見つけた死体を確認に行くことになります。
ケビン

ちなみにケビンにはなんの能力もない…(笑)

ライブラリー

ストーリーが進むときちんと進行案内が出ます

 チンピラに絡まれつつ湖に着くと、本当に死体が……。
死体

なんかあるー!

死体

ドットなのでそこまでグロくない

 この死体が、なにやらピンクの石のようなものを持っており、クリスはそれを拝借することにしました。ところが、その石がすべての引き金となってしまうのです。
冒頭
冒頭
冒頭
 ここで唐突にアニメーションが入るのでちょっとびっくりしますが(笑)、このアニメも昔っぽくて雰囲気いいですよね。
冒頭

ピラミッドみたいな形?

冒頭

不穏な気配しかしない…!

 このあとちょっとしたイベントを挟んで、ここでやっとOPの曲が始まります(笑)。プロローグが結構長かった!
OP
OP
OP
OP
OP
OP

とても丁寧につくられているので、アクションが苦手でなければおすすめ

 ストーリーはこのあと、始まりからは予想できないような方向に流れていき、若干荒唐無稽なところもご都合なところもありつつ、それなりな感じでまとまっています。ストーリー重視の咲村的には首を傾げるところもあるのですが(笑)、大味な魅力としてはアリなんじゃないかと。終わりかたも賛否両論ありそうですが、無難にまとめたんじゃないかと思いますね。

 あと、アクション面はともかく、思ったほど凝ったギミックがないのが残念でした。もっとキャラ切り替えが生きるような内容を期待してしまったので……ただ、最低限の要素はあるのでこの手のゲームを普段あまりやらない人なら満足できそうかな。かくいう咲村も半分くらいはそっち寄りのはずですが(笑)。

ミニゲーム

唐突に入るミニゲームも、結構難しいです。弾幕シューティングで詰みかけた(笑)

 最後に、前回もかなり注意喚起しましたが、アクションが苦手だと終盤詰む可能性がありますので、そこはご注意くださいね。終盤だけプレイ動画で見るのも、個人的には全然ありだと思いますので(過度に苛々するくらいなら)、自分に合った方法で楽しんでいただければと! このゲーム、神ゲーになり損ねたゲームと言われているそうなんですが、実際にプレイしてみるとなるほどなと納得します(笑)。
さきむら
つくりは丁寧で大変いいんだけどね…
 ちょいちょいセールで安くなっているので、気になったらぜひ遊んでみてください。

 さて、次回はまた別のゲームを紹介したいと思います。お楽しみに!

今週のDQⅩコーナー

 今週は特にネタがないので、久々に行った場所シリーズでもお届けしようと思います。さて、これはどこでしょう!?

ドラテン

見覚えありますか?

 あまりにも久々に行きすぎて、こんなロケーションがあることさえすっかり忘れていたのですが(笑)、正解はボロヌスの穴の奥、海底の牢獄の入口です。結構インスタ映えしそうな感じですよね。

 続いてこちら!

ドラテン

月がいい感じに出ていたので撮影してみました

 これは週討伐しに行ったときに撮りました。……といえば、ヘビーユーザーなら大体わかるかな?(笑) 正解はワルド水源です。見えているのは魔塔ですね。欠けて見えるのは雲のせいなのか、それとも……!?

さきむら
それではまた来週に!

(C)2017 Fourattic. All Rights Reserved.
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

おすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください