#85 PsychoBreak2「なんとかできたよ」編【ゲームで勉強したいんです。】

ガンアクションゲーが苦手でも遊びやすいゲームです。

 どうもこんにちは! たまには苦手ジャンルもやっておかないと、できなくなってしまうのではないかという強迫観念に怯えている咲村です(笑)。というわけで、今回は「PsychoBreak2」を紹介したいと思います。咲村の性格上いきなり2からやるわけがないので、1ももちろんプレイ済みです。

ストーリーのオチなどのネタバレはありませんが、スクリーンショット自体にネタバレ要素が含まれる場合がありますのでご注意ください。

カジュアル(イージー)モードでクリアできました!

 この手のゲームをやるとき、いつもクリアできないのではないかと不安なのですが、このゲームに関しては無事にクリアできたので先に書いておきます(笑)。もともと1を遊んだのも、音楽が高田さんで確か予約特典にサントラがついていたから――という理由だったこともあり、1はかなり苦労してクリアしたのですが(当然音楽に耳を傾ける余裕などありませんでした……)、2はそれよりもだいぶ簡単だったように思います。

 というわけで、普段あんまりこの手のゲームをやらない人の参考になればいいなと思いつつ紹介しますね! いつもどおりタイトル画面から。

注意事項

…の前にびっしりと注意事項が

タイトル画面

スクリーンに投影されています

 そして最初にいろいろ設定などを見ることができます。
操作方法

操作方法は2種類あります

操作方法

咲村はこっちにしました

明るさ調整

明るさ調整もあり

アプデ

アプデで可能になったようです

メニュー画面

ここでようやくメニュー画面が出ました

 さらにオプションを見ていきましょう(なかなか始めない)。
オプション
オプション
オプション
オプション
アカウント登録

Bethesdaの会員になれば特典があるっぽい?

 よくわからなかったのでカレーにスルーしました(笑)。さて、いよいよゲームの開始です。最初に選べる難易度は3種類。
難易度選択

カジュアル

難易度選択

サバイバル

難易度選択

ナイトメア!

自動照準選択

難易度とは別に、自動照準も選択できます。もちろんON!(笑)

 ゲームが始まると、まず家が燃えます。1をやっている人は覚えのあるシーンですね。
冒頭

安心のチャプター制

冒頭

燃えあがる自宅に走るセバスチャン

 あ、ここで一応1の内容を軽く説明しておくと……えーと、1はなんだか話がすごくわかりづらかった印象がありまして、あまり覚えていません(笑)。ただ、現実世界ではなく電脳空間のようなSTEM(ステム)という装置のなかで戦っていることは共通しているかな。現実じゃないので、ある意味なんでもありで、次々と空間が変化するのがPsychoBreakの特徴だと思います。

 1はそのなかにあって、主人公セバスチャンの目的や行動基準がよくわからないところがあったのですが(なんだったら敵の目的もよくわからない……)、2ではその点がかなり改善されていて、娘リリーを救うためにまっすぐ進んでいくので、非常にわかりやすく遊びやすいつくりになっていると思います。でも、2のストーリーをちゃんと楽しむためにはやっぱり1の経験が必要だと思うので、2をやる予定の人はぜひ1もプレイしてみてほしいですね。

全体的にわかりやすい導入部

 話を戻しまして、冒頭の火事は夢と回想が混ざったシーンであり、セバスチャンは自宅の火事からリリーを助けられなかったことを今も悔やんでいるのですね。

冒頭
冒頭
冒頭
冒頭

バー?で寝ていたセバスチャン

冒頭

目覚めると目の前にキッドが…

 この女性・キッドマンは前作で重要な役回りだったキャラクターで、一緒に戦っていたのですが、今回は外からセバスチャンをサポートする役回りになります。キッドからリリーがまだ生きていることを聞かされたセバスチャンは、今度こそリリーを救うために再びSTEMのなかに入ることになるのです。
冒頭

なんか偉そうなキッドさん(笑)

冒頭

妻と子とともに写った写真…

 キッドについては詳しく書くとそれだけで1のネタバレになってしまうので(笑)、軽く流しておきたいと思います。このあとSTEMに入ったところで本当のOPに入る流れです。この演出がまたかっこいい!
OP
OP
OP
OP
OP
OP
 ずっと進んでいくと懐かしい場所に出ます(咲村はすっかり忘れていましたが笑)。お馴染みの?拠点で、セーブやクラフト、セバスチャンの強化などができるポイントです。また、外にいるキッドが送ってくれる情報を確認することもできます。
チャプター2

ここからチャプター2です

チャプター2

やるべきことが示されます

 1のときはどうだったか、ちょっと忘れてしまったのですが(かなり前にプレイしたため)、2ではゲームの進行がとても親切に表示されるので、次になにをするべきか困ることはまったくありませんでした。目的地は地図に表示されますしね。かといって、1のように一本道というわけでもなく、サブイベントをやるかどうかの自由度も兼ね備えています。
マップ

最初は真っ黒なマップですが、拠点ポイントはわかる(笑)

通信機

通信機を使ってイベントの発生場所や

通信機

仲間が残したアイテムなどの場所がわかります

 なんというか、本当に全体的に親切な仕様になっていて、遊びやすかったのは確かです。そもそも戦闘の回数も1より少なかったような気もしますし。うまく立ち回れば戦闘をせずに目的地まで行けることもありますので(マップが広いため)、どう進むかプレイヤーしだいなのもよかったですね。クラフトのおかげで不足する弾や回復薬を自分で調達できるのもよかったです。

1とは結構違うけど、どちらもおすすめ

 ホラーゲームとしてどうなのかというと、そもそもホラーゲームにあまり詳しくない咲村にはよくわかりませんし、ガンアクションゲームとしてどうなのかというと、それもまた以下同文なのですが(笑)、いろいろグロい点はあれど最後までプレイしてよかったな、と思えるゲームでした。2のラストはとてもよかったです……でも、それがいいと思えるのはやっぱり1の経験があるからなので、結局両方おすすめということに……!

 多分、普段この手のゲームをやらない人のほうが楽しめるんじゃないかな?という気もするので、ゾンビっぽいものやグロいものが苦手でなければちょっと触ってみてほしいですね。カジュアルで自動照準ONだと、銃を構えただけでヘッドショットが狙えるので、下手でも大丈夫です!(笑)

クリア

サブクエほとんどやってこのくらいのプレイ時間でした

 最後にまたいろいろスクショを貼っておきます。
スクショ

芸術ってなに?

スクショ

死に際はこんな感じです(笑)

スクショ

ずっと隠れていたかった…

スクショ

コーヒー=全回復 お世話になった!

スクショ

彼女も再登板(笑)

スクショ

日本人キャラの顔がとても日本人でした

 さて、次回はまた別のゲームを紹介したいと思います。お楽しみに!

今週のDQⅩコーナー

 世界調律の進捗状況をお伝えするコーナーになりつつありますが(笑)、2つ目の古グランゼドーラエリアはすべて終わり、次はオルセコエリアを進めていく予定です。

世界調律

それにしてもどんよりした天気ですね(笑)

 この世界調律が全部終わったら、次はすべての宝箱を開ける旅に出ようかと思っているのですが……これが公開される頃には大型アプデも終わっているので、果たしてそんな時間があるのか!?という感じです。頑張れ宇宙人!

さきむら
それではまた来週に!

(C)2019 2017 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. The Evil Within, PsychoBreak, Tango, Tango Gameworks, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners. All Rights Reserved.
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

PsychoBreak2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください