#89 ナンプレ Relax「むじゅんをこえて」編【ゲームで勉強したいんです。】

みんな大好きナンプレの眠くなるゲームです。

 どうもこんにちは! ペンシルパズル好き好き宇宙人の咲村です(笑)。今回は、ちょっと変わった角度から攻めてきた「ナンプレ Relax」を紹介したいと思います。メーカーの公式サイトにもこのゲームの紹介はなかったので、Switch版の購入ページにリンクしました。

ストーリーはありませんが(笑)、スクリーンショット自体にネタバレ(答え)要素が含まれる場合もありますのでご注意ください。

ナンプレのソフトはたくさんあるけれど、ひと味違う

 これまでゲー勉を見てくださっている人なら、咲村がパズル好きであることはご存じかと思いますが、元々はペンシルパズルが大好きで、昔はパズル雑誌を購入したりしていました。でも、ガチでペンシルで解くパズルは、正直答え合わせが面倒くさくてですね……(笑)。それが今ではゲームソフトやゲームアプリでパッと正解かどうかわかるのですから、便利になったものです。おかげでたまに猛烈に解きたくなって、パズルゲームを買ったりするわけですが、咲村が最も好きな「へやわけ」は残念ながらほとんど発売されていません(ニコリさんしか出せないから)。
※「へやわけ」についてはこちらを参照してね→#35 パズルゲーム特集「たのしいパズル」編

 じゃあなにを買うかというと、大抵はナンプレ(数独)かイラストロジック(お絵かきロジック)です。このふたつは、いろんな会社がいろんなバリエーションを発売しているので、ある意味選び放題なんですね(笑)。おまけに、ただでさえ安いのに、セールになったりしています。ただ、逆に言うと種類が多すぎてどれを買うか迷うこともあるのです。そんななか、探していて見つけたのがこの「ナンプレ Relax」でした。

タイトル画面

タイトル画面からすでに漂っているリラックス感(笑)

 えー、最初の印象を言います。
さきむら
コンセプトが矛盾してない?
 これでした(笑)。だって、ナンプレってパズルですよ。パズルっていったら基本的には頭を使うんですよ。リラックスって頭と身体を休めてのんびりしてるようなイメージないですか? 頭を使いながらリラックスなんてできるの??? とそこが気になり購入に至りました。宇宙人は確かめないと気が済まないのだ!

 あとですね、私がいつパズルゲームを嗜むかというと、実は寝る直前、布団に入ってからなんです。

さきむら
おまえも矛盾してるよな!?
 寝る前に頭を使うと寝にくくなるのはわかっているんですけどね……寝る前に2~3問は解きたくなるんですよね(笑)。なんなんですかね、この現象は。とにかくそんなわけなので、本当にリラックスできるなら理想のゲームになりえるわけですよ! 期待が高まりますよねっ。

 というわけで早速中身を見ていきましょう。

難易度
難易度
難易度
 難易度は、イージー・ノーマル・ハードの3種類。それぞれ100問ずつあります。最初真ん中の数字に騙されて、各300問あるかと思っていたのですが違いました(笑)。問題数はそんなに多くないですが、値段相応だと思います。全体的に難易度は低く、どんな人でも絶対に解ける仕様になっているので、案外ナンプレ初心者におすすめかも。理由は後述します。
オプション
オプション
 オプションも結構しっかりして、ナンプレの遊び方はもちろん、画面の見方も丁寧に説明してくれています。
プレイ方法

ナンプレの基本から

プレイ方法

画面の見方もフォロー

操作方法

joyコンとタッチに対応

操作方法

BGMなどを選択できる

 この価格帯のゲームにしてはすごくしっかりつくってある印象を受けました。ナンプレを快適に遊ぶために必要な基本的な要素は、もれなく入っている感じです。特に数字の仮置き機能は、決定した数字を置いた際にいらない仮置き数字が自動で消えてくれるので助かります。たまにね、あるんですよ。自分で消さないといけないソフトも(笑)。

 では続いて、他のナンプレソフトと違う部分を挙げていきますね。

エフェクトと音楽が心地いい

 まあ見出しのとおりなのですが(笑)、聞き心地のいいゆったりした音楽は、まさにリラックスの名に相応しい感じで、ランダム選曲にすると自動で切り替わるので案外聞き飽きることもなくていいものでした。加えて、数字が揃ったときのエフェクトが、「合った!」感があって気持ちいいです。

エフェクト

揃った数字が順番に光る

エフェクト

全部埋まると全体がきらめく

 このエフェクトが若干長くて、ボタン入力を受けつけない時間があることが惜しいのですが、それでもまあリラックスが目的のナンプレなので、そんなに急ぐなよってことだと思います。ただひとつ気になるのは……
さきむら
なんでこんなに大きなタイムカウント表示つけたんですかね?
 このゲームのいちばんの矛盾点はこれでした(笑)。人間急がされたらリラックスなんてできませんよ……。しかもこのゲーム、他のナンプレと違って、正解を常時チェックしています。どういうことかというと、うっかり間違った部分に数字を置くと、その時点でミス判定されてペナルティの時間加算が表示されるんです。えええ……。
さきむら
そんなに慎重な操作を求められたら、リラックスなんて……
 ナンプレに限らず、ペンシルパズルをゲーム化したものは、自分が完成した!と思ったときにチェックボタンを押すタイプが多いのですが、それは完成前に正解を誘導されてしまうからなんですよね。ちなみにこのゲーム、こういったアシスト機能をオフにすることができません。だからこそ初心者向けだな、と感じました。初心者には、どこの考えが間違っていたのかがその場でわかったほうが勉強になりますからね!

 というわけで、早解きしたい人や、タイムを計られると急ぎたくなる人はとてもリラックスできないゲームです(笑)。逆に、タイムなんてどうでもよくてとにかくリラックスしたい!という人にはいいと思います。解いている最中に画面がカラフルに変化していくのも、地味に楽しいです。

カラバリ
カラバリ
カラバリ
リザルト

解きおわると一応リザルト画面が出ます。ミスった回数とか教えてくれないけど(笑)

 ちなみに咲村、このゲームで最高に眠くなる方法を発見しましたので(笑)、もし限界までリラックスしてぇ!って人がおりましたら以下をご覧ください。

音楽に身を任せて、深く考えなければ眠れる

 最高にリラックスした状態=睡眠だろ!というわけで、あんまり深く考えずに解く方法を紹介したいと思います。誰でもできます(笑)。

 まず、BGMをあえてちょっと大きめにします。うるさいと眠くならないと感じるかもしれませんが、実は逆です。穏やかな音楽は意識しなくても耳に入ってくるくらいにかけたほうが効果がありそうです(個人差はあるかもしれません)。次にゲームを開始し、すべての数字を仮置きします。

開始時

ここから始めて

仮置き完了

9まで仮置き

 難易度によっては、この作業のあいだにもう決定できる数字が出てくるので、ささっと入れます。ようするに、同じ数字が入っている列をさけて置けばいいだけなので、ほとんど頭を使いません。普通ナンプレを解くときは、よほど難しい問題でない限り全部置いたりはしないのですが(面倒なので)、頭を使わずに答えを出すために、あえてやるのです。

 そうすると、仮置き数字が1つしか入ってないマスがハッキリわかります。そのマスはそれが答えなので、正式な数字を置きます。この時点でミスがあるとペナルティが出て数字を置けないので、間違った数字を置いたまま進むこともなく安心です(笑)。

 正しい数字を埋めたことにより、また新たなマスが仮置き数字1つになります。そこはそれで決定なので正式数字を置いて……と、機械的に問題を解いていくのです。この方法だとほとんど頭を使っていないので、音楽やエフェクトの効果もあって順調に眠くなります(笑)。そのくせ問題を解いた達成感はあるので、結構おすすめだったりします。ハードでも5~6分くらいで解ける感じです。

 最初は咲村もハードを普通に解こうとしていたのですが(ハードの画像のタイムが10分超えているのはそのせいです)、難しいものにあたると20分くらいかかることもあり、これじゃあ全然リラックスできん!ということでこの方法に切り替えました(笑)。そしたら短時間で解けるし、頭はさほど使わないし、ちゃんと眠くなるし、これでいいじゃん!ってなりました。解き方としては結構邪道な気もするのですが、デジタルなゲームだからこそできる技ですね(笑)。

 というわけで、今回はちょっと変わった切り口から紹介しました。リラックス面は抜きにしても、ナンプレ初心者にはおすすめできるゲームだと思いますので、気になったら遊んでみてください。

 さて、次回はまた別のゲームを紹介したいと思います。お楽しみに!

今週のDQⅩコーナー

 七夕イベントのスクショ、今回が最終回です! 次は海のスクショを撮れるかな……?(笑) ではさっそく見てみましょう。例によって画面が暗いですがあしからず。

七夕クエ

軒下に潜む目玉たち…

七夕クエ

手作りお化け屋敷の定番が(笑)

 こんにゃくはともかく、これってワラタローなんですかね?とみんなが気になったはず。そういえばトップ10でもネタにしていた人がいたような(笑)。こういう小ネタをちょいちょい入れてくるのが面白いですね。
七夕クエ

お墓は骨だらけでした…((((;゚Д゚)))

 今回の七夕クエ、正直今までの季節クエのなかでいちばんいいと思います。やってること自体は実はそんなに変わらないお使いクエ(指定ものを探して届ける)なのですが、お使いの舞台を工夫するだけでこんなに面白くなるんだと、7年目にして知った宇宙人でした(笑)。あ、トラシュカも面白いんだけどああいうのはスライムレース共々常設してくれればなぁと思います。

さきむら
それではまた来週に!

(C)RucKyGAMES/published by G-MODE Corporation.
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ナンプレ Relax

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください